産経フォト

引っ越し「バラバラ」だったカモ 京都・左京区

生き物

引っ越し「バラバラ」だったカモ 京都・左京区

更新 sty1905210002
誘導を受けながら要法寺の池から鴨川へと引っ越しする9羽の子ガモ =21日午前、京都市左京区(永田直也撮影) 誘導を受けながら要法寺の池から鴨川へと引っ越しする9羽の子ガモ =21日午前、京都市左京区(永田直也撮影)
誘導を受けながら要法寺の池から鴨川へと引っ越しする9羽の子ガモ =21日午前、京都市左京区(永田直也撮影)
画像を拡大する
誘導を受けながら要法寺の池から鴨川へと引っ越しする9羽の子ガモ =21日午前、京都市左京区(永田直也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 京都市左京区の要法寺(ようぼうじ)にある清涼池にすみ着いていたカモのヒナ9羽が21日、池から約700メートル離れた鴨川へ引っ越した。無事に川へ入ると、見守っていた近隣住民らから拍手が起きた。

誘導を受けながら要法寺の池から鴨川へと引っ越しする9羽の子ガモ =21日午前、京都市左京区(永田直也撮影)
画像を拡大する
誘導を受けながら要法寺の池から鴨川へと引っ越しする9羽の子ガモ =21日午前、京都市左京区(永田直也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 池では10年以上前からカモが飛来して産卵。ヒナが成長する5~6月ごろに鴨川に帰る“引っ越し”が毎年の恒例となっている。

 この日引っ越したのは、4月に生まれた子ガモたち。午前6時45分ごろに寺を出発し、京都府警川端署の署員らが交通整理にあたる中、交通量の多い川端通などを横切った。

誘導を受けながら要法寺の池から鴨川へと引っ越しする9羽の子ガモ =21日午前、京都市左京区(永田直也撮影)
画像を拡大する
誘導を受けながら要法寺の池から鴨川へと引っ越しする9羽の子ガモ =21日午前、京都市左京区(永田直也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 途中で先導していた親ガモが飛び立ったり、複数の子ガモが群れからはぐれたりする場面も。約1時間半かけて鴨川に到着した。

 カモの世話をしてきた要法寺の塔頭(たっちゅう)・本行院の住友宏子さん(74)は「親ガモが一緒にいなかったので、引っ越しにまとまりがなく苦労した」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング