産経フォト

新司令官にケイチャー少将 佐世保の米第7艦隊揚陸隊

自衛隊・ミリタリー

新司令官にケイチャー少将 佐世保の米第7艦隊揚陸隊

更新 sty1905170007
 米海軍第7艦隊揚陸部隊の司令官に着任し、あいさつするフレッド・ケイチャー少将=17日午前、長崎県佐世保市  米海軍第7艦隊揚陸部隊の司令官に着任し、あいさつするフレッド・ケイチャー少将=17日午前、長崎県佐世保市

 米海軍佐世保基地(長崎県佐世保市)を母港とする強襲揚陸艦「ワスプ」の艦上で17日、第7艦隊揚陸部隊の司令官交代式が開かれた。欧州からフレッド・ケイチャー少将が着任した。

 強襲揚陸艦ワスプ艦上で行われた、米海軍第7艦隊揚陸部隊の司令官交代式に臨むフレッド・ケイチャー少将(右から2人目)ら=17日午前、長崎県佐世保市
画像を拡大する
 強襲揚陸艦ワスプ艦上で行われた、米海軍第7艦隊揚陸部隊の司令官交代式に臨むフレッド・ケイチャー少将(右から2人目)ら=17日午前、長崎県佐世保市フルスクリーンで見る 閉じる

 ケイチャー氏はワスプや同基地配備の掃海艦、米海軍横須賀基地(神奈川県横須賀市)に拠点を置く第7艦隊の旗艦「ブルーリッジ」に関する任務の指揮を担う。

 式典には第7艦隊のフィリップ・ソーヤー司令官や、沖縄県・尖閣諸島をはじめとする離島の防衛を担う陸上自衛隊「水陸機動団」の関係者ら約200人が参加した。

 強襲揚陸部隊は上陸作戦で要となる存在で、ヘリコプターや上陸用舟艇などを搭載した艦船を運用している。ワスプは今後、戦闘機の運用に優れた「アメリカ」と交代する予定。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング