産経フォト

鹿児島・天文館で市電脱線 乗客22人けがなし

ニュース

鹿児島・天文館で市電脱線 乗客22人けがなし

更新 sty1905170002
誤進入した鹿児島市の市電=17日午前9時50分 誤進入した鹿児島市の市電=17日午前9時50分

 17日午前7時5分ごろ、鹿児島市加治屋町13の8の県道交差点で、路面電車の谷山電停発鹿児島駅前行き市電が、右に曲がろうとして脱線した。男性運転士(24)と乗客22人にけがはなく、乗客は職員の誘導で避難した。車両6台が一時立ち往生し、一部で運転を見合わせた。現場は繁華街天文館の一角。

 鹿児島市の繁華街で市電が誤進入した事故現場を見る人たち=17日午前10時35分
画像を拡大する
 鹿児島市の繁華街で市電が誤進入した事故現場を見る人たち=17日午前10時35分フルスクリーンで見る 閉じる

 市交通局関係者によると、運転士が右折時にレールを切り替える信号の操作を誤り、前輪が右折した後で後輪が脱線した可能性があるという。国土交通省九州運輸局や県警などが、原因を詳しく調べる。

 交通局によると、脱線した市電は高見馬場電停から天文館通電停に向かう途中だった。

 市電が立ち往生した影響で、警察官が現場の交差点で交通整理をした。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング