産経フォト

ヴィッセル特別機就航 スカイマーク、14日から

ニュース

ヴィッセル特別機就航 スカイマーク、14日から

更新 sty1905130011
 「ヴィッセルジェット」の前でポーズをとるJ1神戸の(左から)ダビド・ビジャ、ルーカス・ポドルスキ、西大伍の各選手=13日午後、神戸空港  「ヴィッセルジェット」の前でポーズをとるJ1神戸の(左から)ダビド・ビジャ、ルーカス・ポドルスキ、西大伍の各選手=13日午後、神戸空港

 スカイマークは13日、J1神戸のエンブレムを機体に描いたボーイング737-800型の特別機「ヴィッセルジェット」を神戸空港で公開した。14日午前の神戸-仙台便から就航し、来年12月までスカイマークが乗り入れる国内11空港に登場する。

 「ヴィッセルジェット」の機内でポーズをとるJ1神戸の(左から)西大伍、ダビド・ビジャ、ルーカス・ポドルスキの各選手=13日午後、神戸空港
画像を拡大する
 「ヴィッセルジェット」の機内でポーズをとるJ1神戸の(左から)西大伍、ダビド・ビジャ、ルーカス・ポドルスキの各選手=13日午後、神戸空港フルスクリーンで見る 閉じる

 機内のシートにはチーム名の入ったカバーが付き、客室乗務員はホームのユニホームを着用する。

 13日の公開には、ダビド・ビジャ選手やルーカス・ポドルスキ選手らも参加してPR。チームカラーの深い赤色がデザインされた機体の前に立ったポドルスキ選手は「この飛行機が飛べば、チームを日本中に知ってもらえる」と喜んだ。

 J1神戸の三木谷研一副会長は「(飛行機の)上昇とともに、チーム成績がもっと上昇していくことを願っている」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング