産経フォト

森の中、淡く光るキノコ 和歌山・那智勝浦

自然・風景

森の中、淡く光るキノコ 和歌山・那智勝浦

更新 sty1905090002
 淡い緑色の光を放つ「シイノトモシビタケ」=6日、和歌山県那智勝浦町  淡い緑色の光を放つ「シイノトモシビタケ」=6日、和歌山県那智勝浦町

 和歌山県那智勝浦町の宇久井半島の山林で「森の妖精」と呼ばれる光るキノコ「シイノトモシビタケ」が淡い緑色の光を放ち、幻想的な雰囲気を醸し出している。

 淡い緑色の光を放つ「シイノトモシビタケ」=6日、和歌山県那智勝浦町
画像を拡大する
 淡い緑色の光を放つ「シイノトモシビタケ」=6日、和歌山県那智勝浦町フルスクリーンで見る 閉じる

 かさの直径は約1~2センチ。1951年に東京都の八丈島で発見された。宇久井半島では、普段の入山が禁じられている「目覚山」で2001年に見つかった。環境省の施設「宇久井ビジターセンター」を拠点に活動する「宇久井海と森の自然塾」が毎年、観察会を開いている。

 ガイド役の西垣内茂さん(79)は「梅雨と秋雨の時期によく見られる。聖域の森で幻想的な体験をしてみては」と話している。

 観察会は11日~7月14日と9月1日~29日の土・日曜夜に開催する。2日前までに予約が必要。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング