産経フォト

ベトナム漁船を沈没処理 インドネシアで13隻

ニュース

ベトナム漁船を沈没処理 インドネシアで13隻

更新 sty1905050006
 沈没処理されるベトナム漁船(手前)=4日、インドネシア・カリマンタン島西方沖(同国海洋・水産省提供・共同)  沈没処理されるベトナム漁船(手前)=4日、インドネシア・カリマンタン島西方沖(同国海洋・水産省提供・共同)

 インドネシア海洋・水産省は4日、同国近海での違法操業により拿捕したベトナム漁船13隻をインドネシア・カリマンタン島西方沖で沈没処理した。

 先月27日に南シナ海南端にあるインドネシア領ナトゥナ諸島北方の領海で、インドネシア海軍艦艇がベトナム沿岸警備当局の警備艇2隻に体当たりされる事件があり、ベトナム側をけん制する狙いがある。

 ベトナム漁船の沈没処理が行われた現場海域=4日、インドネシア・カリマンタン島西方沖(同国海洋・水産省提供・共同)
画像を拡大する
 ベトナム漁船の沈没処理が行われた現場海域=4日、インドネシア・カリマンタン島西方沖(同国海洋・水産省提供・共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 この事件では、インドネシア側が付近で違法操業していたベトナム人漁師12人を拘束。駐インドネシアのベトナム大使を呼んで抗議するなど問題化していた。
 同省によると、2014年10月以降、違法操業により沈没させた漁船は今回を含め計504隻に上った。うちベトナム漁船は284隻で、ほかはフィリピン92隻やマレーシア73隻など。

 現場に同行したスシ海洋・水産相は、沈没処理は違法操業を抑止する「とても美しい解決法だ」と強調した。(共同)

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング