産経フォト

さようなら「泉の広場」 噴水3代、49年の歴史に幕 大阪・梅田

ニュース

さようなら「泉の広場」 噴水3代、49年の歴史に幕 大阪・梅田

更新 sty1904280002
 1970年に誕生した「泉の広場」の初代噴水  1970年に誕生した「泉の広場」の初代噴水
 1981年に交代した「泉の広場」の2代目の噴水
画像を拡大する
 1981年に交代した「泉の広場」の2代目の噴水フルスクリーンで見る 閉じる

 大阪・梅田の地下街で待ち合わせ場所として親しまれてきた「泉の広場」の噴水が、リニューアル工事に伴い5月に撤去されることになった。現在の噴水は3代目で、49年にわたり行き交う人々の思い出を彩ってきた。工事が目前に迫り、別れを惜しむ人が相次いで訪れている。

 2002年に登場した「泉の広場」の3代目の噴水
画像を拡大する
 2002年に登場した「泉の広場」の3代目の噴水フルスクリーンで見る 閉じる

 泉の広場は地下街「ホワイティうめだ」の一角にある。「地下街は味気ない」という市民の声に応え、1970年に初代の噴水が誕生。81年、白を基調にした2代目に交代した。

 今年の11月にお目見え予定の新しい泉の広場のイメージ
画像を拡大する
 今年の11月にお目見え予定の新しい泉の広場のイメージフルスクリーンで見る 閉じる

 大理石製の3代目はイタリア・ミラノの彫刻家がデザインし、2002年に登場したが、広場を多くの人が集まるイベントに使うため、撤去が決まった。11月には発光ダイオード(LED)照明を用いた新しい泉の広場がお目見えする予定だ。

 市民が噴水を見ることができるのは5月6日まで。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング