産経フォト

マークX、50年の歴史に幕 トヨタが12月、販売低迷で

自動車

マークX、50年の歴史に幕 トヨタが12月、販売低迷で

更新 sty1904240011
 トヨタ自動車の「マークX」の前身モデル「マークII」  トヨタ自動車の「マークX」の前身モデル「マークII」
 トヨタ自動車が「マークX」の生産終了に当たり発売した特別仕様車
画像を拡大する
 トヨタ自動車が「マークX」の生産終了に当たり発売した特別仕様車フルスクリーンで見る 閉じる

 トヨタ自動車は24日、セダンの乗用車「マークX」の生産を12月で終了すると発表した。1968年に登場した前身モデル「マークII」以来、50年以上の歴史に幕を下ろす。近年は販売が低迷していた。生産終了に当たり24日に特別仕様車「ファイナルエディション」を発売した。

 マークIIは「コロナ」の上級車として誕生し、バブル期の90年には22万台以上を販売した。その後は消費者の好みがミニバンなどに移り、売れ行きは落ち込んだ。2004年に車名を「マークX」に一新しててこ入れしたが、18年の国内販売は約4千台と全盛期の50分の1以下にとどまった。

 トヨタは「お客様の要望に対して効率的な商品の対応を考え、商品構成を見直し、やむを得ず生産終了を判断した」と説明している。

 特別仕様車の希望小売価格は333万1800円から。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング