産経フォト

海遊館、G20のテロ訓練 期間中は手荷物検査も

ニュース

海遊館、G20のテロ訓練 期間中は手荷物検査も

更新 sty1904170004
 「海遊館」で実施された無差別テロを想定した訓練=17日午前、大阪市  「海遊館」で実施された無差別テロを想定した訓練=17日午前、大阪市
 「海遊館」で実施された手荷物検査の訓練=17日午前、大阪市
画像を拡大する
 「海遊館」で実施された手荷物検査の訓練=17日午前、大阪市フルスクリーンで見る 閉じる

 6月28、29日に大阪市で開かれる20カ国・地域(G20)首脳会合を控え、同市港区の水族館「海遊館」は17日、大阪府警と合同で無差別テロを想定した訓練を実施した。同館では会合前の6月27日から、来館者に対し、入り口で手荷物検査を行う。
 訓練には同館スタッフや警察官計約80人が参加。イベント広場に男が現れ「刺すぞ」などと言ってナイフを振り回した。スタッフが客を誘導し、刺股や盾で男の動きを止めて制圧。駆け付けた大阪水上署員が現行犯逮捕した。その後、仲間の男が現れたが、同様に取り押さえた。 入り口では、手荷物検査の訓練も行われ、警備員が目視や金属探知機で所持品を検査した。

 「海遊館」で実施された無差別テロを想定した訓練=17日午前、大阪市
画像を拡大する
 「海遊館」で実施された無差別テロを想定した訓練=17日午前、大阪市フルスクリーンで見る 閉じる

 海遊館には2018年度、国内外から約270万人が訪れた。G20首脳会合の主会場となる国際展示場「インテックス大阪」(大阪市住之江区)から約2キロと近く、警備を強化する必要があった。

 4月27日から警備員を増やし、6月27日からはコインロッカーの一部閉鎖も予定している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング