産経フォト

【路上感撮】積み上がった伝統

自然・風景

【路上感撮】積み上がった伝統

更新 sty1904170001
明治神宮の酒だる =東京都渋谷区(納冨康撮影) 明治神宮の酒だる =東京都渋谷区(納冨康撮影)
明治神宮の酒だる =東京都渋谷区(納冨康撮影)
画像を拡大する
明治神宮の酒だる =東京都渋谷区(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 明治神宮(東京都渋谷区)の南参道に数多く積まれた酒だる。全国酒造敬神会などから神へのお供えのために奉納されたもので、ずらりと並ぶ迫力に参拝者は思わず圧倒される。

 現在は過去最高となる200個以上の酒だるを陳列。大半は日本酒だが、中には泡盛や焼酎の銘柄も。中身は瓶で納められ、酒だるはディスプレーのために飾られている。

 来年、鎮座100年を迎える明治神宮。最近は酒だるの前で記念撮影する外国人観光客も多いという。明治神宮は「日本の伝統文化を肌で感じてもらいたい」と話している。(写真報道局 納冨康) 

☆「路上感撮」全編は 【コチラから】   

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング