産経フォト

【自衛隊のいま】美しく咲いたサクラ 小牧基地オープンベース

自衛隊・ミリタリー

【自衛隊のいま】美しく咲いたサクラ 小牧基地オープンベース

更新 sty1903200006
 ブルーインパルスが青空に描いた「サクラ」=愛知県小牧市の航空自衛隊小牧基地(彦野公太朗撮影)  ブルーインパルスが青空に描いた「サクラ」=愛知県小牧市の航空自衛隊小牧基地(彦野公太朗撮影)

 美しい編隊を組んで飛行する6機のT-4が、スモークを出しながら旋回を始める。青空をキャンバスに、6つの円が織りなす「サクラ」が浮かび上がると客席から歓声が上がった。

 2日、愛知県小牧市の航空自衛隊小牧基地で開催された「小牧基地オープンベース」。基地内で、自衛隊の活動を見学できるとあって6万4000人が訪れた。

 逆光で浮かび上がるスモーク=愛知県小牧市の航空自衛隊小牧基地(彦野公太朗撮影)
画像を拡大する
 逆光で浮かび上がるスモーク=愛知県小牧市の航空自衛隊小牧基地(彦野公太朗撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 小牧基地はPKOやイラク復興支援に従事した第1輸送航空隊の拠点。C-130H輸送機やKC-767空中給油機が展示される。

 中でも人気なのが、航空自衛隊のアクロバット飛行チーム、ブルーインパルスによる展示飛行だ。美しい隊形を保ちながら、スモークによる図形を描く「編隊連携機動飛行」を披露。2機によるスモークのハートマークや、6機でつくる三角隊形での飛行を行った。

 最後の「サクラ」では直径約500メートルの6つの円が重なる約1・5キロの巨大な花びらが描かれた。(彦野公太朗) 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング