産経フォト

新長距離列車は「銀河」 JR西、20年春に運行開始

鉄道

新長距離列車は「銀河」 JR西、20年春に運行開始

更新 sty1903190017
 JR西日本の新たな長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」のイメージ  JR西日本の新たな長距離列車「WEST EXPRESS 銀河」のイメージ

 JR西日本は19日、京阪神地区から山陽、山陰方面に向かうルートで2020年春の運行開始を目指す新たな長距離列車の名称を「WEST EXPRESS(ウエストエクスプレス)銀河」にすると発表した。08年まで東京-大阪間を結んだ寝台急行「銀河」と同名を採用。往年の「ブルートレイン」をイメージしたデザインで観光需要の掘り起こしを図る。

 「WEST EXPRESS 銀河」の寝転がってくつろげるスペースのイメージ
画像を拡大する
 「WEST EXPRESS 銀河」の寝転がってくつろげるスペースのイメージフルスクリーンで見る 閉じる

 6両編成で、車体カラーにはかつての銀河より深い青の「瑠璃紺色」を採用した。豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」より低価格で家族連れや若者も気軽に鉄道の旅を楽しめるようにするのがコンセプトで、寝転がってくつろげるスペースを設けた車両や、家族用のキャビン席のある車両など、1両ごとに異なるタイプの座席や空間を用意した。詳しい運行計画やコース、料金は20年初めごろまでに発表する。

 「WEST EXPRESS 銀河」の家族用のキャビン席のイメージ
画像を拡大する
 「WEST EXPRESS 銀河」の家族用のキャビン席のイメージフルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング