産経フォト

サイクロンで死者千人超の恐れ モザンビークで街が壊滅

ニュース

サイクロンで死者千人超の恐れ モザンビークで街が壊滅

更新 sty1903190008
 サイクロンに襲われたモザンビークのベイラ=17日(Josh Estey/CARE提供・AP=共同)  サイクロンに襲われたモザンビークのベイラ=17日(Josh Estey/CARE提供・AP=共同)

 【ナイロビ共同】モザンビークのニュシ大統領は18日、アフリカ南部を襲ったサイクロンによりモザンビークで84人が死亡し、最終的に死者が千人に達する恐れがあると明らかにした。地元ラジオに語った内容をAP通信が報じた。

 国際赤十字・赤新月社連盟(IFRC)によると、人口約50万人の港湾都市ベイラに14~15日、サイクロンが到達。ベイラの約9割が壊滅状態となった。

 橋が倒壊し、途方に暮れる生徒ら=18日、ジンバブエ東部(AP=共同)
画像を拡大する
 橋が倒壊し、途方に暮れる生徒ら=18日、ジンバブエ東部(AP=共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 IFRCの現地派遣団代表は「ほぼ全てのものが破壊されている。いまだにたどり着けない被災地もあり、(ベイラ)郊外の状況はもっとひどい恐れがある」と語った。

 サイクロンは隣国のジンバブエとマラウイも襲った。APによると、18日までに判明した3カ国の死者数は計215人以上となった。ダムの決壊や河川の氾濫で道路が不通になり、救援活動は難航している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング