産経フォト

羽生、本番会場で初練習 故障明けで4回転3種類

スポーツ

羽生、本番会場で初練習 故障明けで4回転3種類

更新 sty1903190003
調整する羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠) 調整する羽生結弦=さいたまスーパーアリーナ(撮影・中井誠)

 20日に開幕するフィギュアスケートの世界選手権は19日、さいたまスーパーアリーナで公式練習が行われ、男子は右足首の故障明けで約4カ月ぶりの実戦となる冬季五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が本番会場で初練習し、3種類の4回転ジャンプを決めて復調ぶりをアピールした。

 羽生は昨年11月のロシア杯以来の復帰戦に向け、ループ、サルコー、トーループの4回転を成功。4回転トーループ-トリプルアクセル(3回転半ジャンプ)の2連続ジャンプも着氷し、ファンの歓声を浴びた。

 2月の四大陸選手権王者の宇野昌磨(トヨタ自動車)や田中刑事(倉敷芸術科学大大学院)もジャンプを入念に跳んで感触を確かめた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング