産経フォト

海自潜水艦「しょうりゅう」第一線へ 川崎重工業神戸工場で引き渡し式

自衛隊・ミリタリー

海自潜水艦「しょうりゅう」第一線へ 川崎重工業神戸工場で引き渡し式

更新 sty1903180009
出港する海上自衛隊の最新鋭潜水艦「しょうりゅう」 =18日、神戸市中央区の川崎重工業神戸工場(前川純一郎撮影) 出港する海上自衛隊の最新鋭潜水艦「しょうりゅう」 =18日、神戸市中央区の川崎重工業神戸工場(前川純一郎撮影)
海上自衛隊の最新鋭潜水艦「しょうりゅう」。近く呉基地に配備される =18日、神戸市中央区の川崎重工神戸工場(前川純一郎撮影)
画像を拡大する
海上自衛隊の最新鋭潜水艦「しょうりゅう」。近く呉基地に配備される =18日、神戸市中央区の川崎重工神戸工場(前川純一郎撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 海上自衛隊の最新鋭そうりゅう型潜水艦「しょうりゅう」(翔龍、2950トン)の引き渡し式が18日、神戸市中央区の川崎重工業神戸工場で行われた。海自の主力潜水艦のそうりゅう型としては10番艦となり、近く呉基地(広島県呉市)に配備され、海上防衛の第一線での活躍が期待されている。

潜水艦「しょうりゅう」が出港。艦上では自衛隊員が「ありがとう神戸」の横断幕を掲げた =18日、神戸市中央区の川崎重工業神戸工場(前川純一郎撮影)
画像を拡大する
潜水艦「しょうりゅう」が出港。艦上では自衛隊員が「ありがとう神戸」の横断幕を掲げた =18日、神戸市中央区の川崎重工業神戸工場(前川純一郎撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 艦名には物事を高所から判断し、素早く行動するとの意味が込められており、平成29年11月に進水式が行われた。同工場で戦後に建造された潜水艦としては28隻目となる。艦の全長は84メートルで、搭載する武器などを含めた建造費は約560億円。高性能ソナーなどを装備し、高い捜索能力やステルス性能を有する。

海上自衛隊の最新鋭潜水艦「しょうりゅう」。近く呉基地に配備される =18日、神戸市中央区の川崎重工神戸工場(前川純一郎撮影)
画像を拡大する
海上自衛隊の最新鋭潜水艦「しょうりゅう」。近く呉基地に配備される =18日、神戸市中央区の川崎重工神戸工場(前川純一郎撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 式には防衛省や同社の関係者ら約250人が出席。原田憲治防衛副大臣と同社の金花芳則社長が引き渡し書と受領書を交わした。同日午後に乗員65人を乗せ出発し、訓練を行いながら呉基地に向かう。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング