産経フォト

【はたらくいきもの】ゆめの家族 筆にのせ 絵を描くゾウ(千葉・市原市) 

生き物

【はたらくいきもの】ゆめの家族 筆にのせ 絵を描くゾウ(千葉・市原市) 

更新 sty1903160001
鼻先に握った絵筆を走らせる「ゆめ花」。日本生まれのアジアゾウとして初めての繁殖を願い、ゾウの家族を描いた =2月12日、千葉県市原市の市原ぞうの国(渡辺恭晃撮影) 鼻先に握った絵筆を走らせる「ゆめ花」。日本生まれのアジアゾウとして初めての繁殖を願い、ゾウの家族を描いた =2月12日、千葉県市原市の市原ぞうの国(渡辺恭晃撮影)
ゆめ花による絵が飾られたギャラリー。80種類以上の絵が描け、なかでも得意なのは桜だという。東日本大震災の際には「ファイト日本」のメッセージも書いた(渡辺恭晃撮影)
画像を拡大する
ゆめ花による絵が飾られたギャラリー。80種類以上の絵が描け、なかでも得意なのは桜だという。東日本大震災の際には「ファイト日本」のメッセージも書いた(渡辺恭晃撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 千葉県市原市の「市原ぞうの国」で、白いキャンバスに向かう雌のアジアゾウ「ゆめ花(か)」(11)。観衆が見守るなか、鼻に握った絵筆を走らせる。力強いタッチで絵を描き上げると会場の拍手に「パオーン」とひと鳴き。ゆめ花はこの技で、自分の“婚活”資金を生み出す「はたらくいきもの」だ。(写真報道局 渡辺恭晃)

器用にゾウの家族を描くゆめ花。子ゾウを描きながらほほえむような表情を浮かべた =千葉県市原市の市原ぞうの国(渡辺恭晃撮影)
画像を拡大する
器用にゾウの家族を描くゆめ花。子ゾウを描きながらほほえむような表情を浮かべた =千葉県市原市の市原ぞうの国(渡辺恭晃撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 同園には、国内最多の計13頭のゾウが暮らす。ゆめ花が初めて筆を持ったのは2歳のとき。坂本小百合園長(69)が提案した。ゾウが本格的な絵を描くのは国内初の試みだったが「意外と簡単にできてしまった。今は(世界中)どこのゾウにも負けません」と自信をみせる。

男の子に帽子をかぶせるゾウ。大きくて優しいゾウとの触れあいに子供たちは大喜びだ (渡辺恭晃撮影)
画像を拡大する
男の子に帽子をかぶせるゾウ。大きくて優しいゾウとの触れあいに子供たちは大喜びだ (渡辺恭晃撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 十字型の筆を鼻先で掴(つか)み、タイ人のゾウ使いが伝える絵の題材や描く線の方向などの指示を聞き分けて描くが、ゾウ自身も訓練していくうちに、絵の構図や形などを覚えていくという。

 桜やひまわりなど絵のバリエーションは80種類を超え、文字も書く。「(ゆめ花の絵は)命ある生き物ならではの温かさや可能性を教えてくれる」(坂本園長)。東日本大震災が発生した平成23年には「ファイト日本」とメッセージを書き、被災地を勇気づけた。

絵を描くための絵筆。ゾウの鼻につまらないよう十字型としており、本場のタイでも同様の形状をしているという =千葉県市原市の市原ぞうの国(渡辺恭晃撮影)
画像を拡大する
絵を描くための絵筆。ゾウの鼻につまらないよう十字型としており、本場のタイでも同様の形状をしているという =千葉県市原市の市原ぞうの国(渡辺恭晃撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 アジアゾウの飼育展示を取り巻く環境は厳しい。国際取引が規制されており、展示を維持するためには、国内繁殖を目指す必要がある。明治21年に日本で初めて動物園で飼育されて130年余り。国内での出産成功は、市原ぞうの国での6例を含め13例しかない。

 園は、日本生まれのゾウとして初の繁殖成功を目指し、平成28年に「『ゆめ花をママに!』プロジェクト」をスタート。ゆめ花が描いたLINE用のスタンプを販売すると、購入数は1万件を超えた。ショーで描いた絵の販売収益や寄付金などと合わせ、約2千900万円を集めた。

ショー前にゾウ使いのスリヤさんに「かわいいね」となでられ、にっこりした表情を見せる「ゆめ花」 =千葉県市原市の市原ぞうの国(渡辺恭晃撮影)
画像を拡大する
ショー前にゾウ使いのスリヤさんに「かわいいね」となでられ、にっこりした表情を見せる「ゆめ花」 =千葉県市原市の市原ぞうの国(渡辺恭晃撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 資金を活用し、翌年には「沖縄こどもの国」(沖縄県沖縄市)で“婚活”に挑戦。成功には至らなかったが、初めての場所で初対面の雄とも仲良く過ごせることが確認された。現在は本州での繁殖先を模索中だ。

 昼下がりのパフォーマンス。耳にリボンをつけたゆめ花の登場に歓声が上がる。青い水彩絵の具を含んだ筆で、キャンバスに大きなゾウ2頭と子ゾウの家族が描かれていく。

 「ゆめ花の家族だ。早く赤ちゃんを見たいね」。子供たちの笑顔が広がった。

【360°パノラマ】「ゆめ花」が自撮り

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング