産経フォト

温暖化「今すぐ行動を」 東京、京都で若者訴え

ニュース

温暖化「今すぐ行動を」 東京、京都で若者訴え

更新 sty1903150007
 東京都渋谷区の国連大学前で、メッセージを手に地球温暖化対策の強化を訴える学生ら=15日午後  東京都渋谷区の国連大学前で、メッセージを手に地球温暖化対策の強化を訴える学生ら=15日午後
 地球温暖化対策の強化を訴え、プラカードを掲げる子どもたち=15日、京都市
画像を拡大する
 地球温暖化対策の強化を訴え、プラカードを掲げる子どもたち=15日、京都市フルスクリーンで見る 閉じる

 地球温暖化対策の強化を求め世界の若者が繰り広げた一斉活動で15日、日本では不十分な取り組みに危機感を抱く学生らが東京と京都市で集会を開いた。それぞれ100人ほどが集まり「未来を守るため今すぐ行動しよう」と声を張り上げた。

 「先進国は責任を」「気候は変えず私たちが変わろう」。東京・渋谷区の国連大学前はプラカードを持った大学生ら約120人が参加。集会を発案した立正大(東京)3年の小出愛菜さん(21)は「昨年は猛暑で温暖化を意識させられた。一人一人ができることはたくさんある」と訴えた。

 京都市では約100人が市役所前を出発。大学生や小学生らが「京都から脱炭素を」などと呼び掛け、プラカードを掲げて市中心部を歩いた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング