産経フォト

パンダにもホワイトデー 氷の贈り物、和歌山・白浜

生き物

パンダにもホワイトデー 氷の贈り物、和歌山・白浜

更新 sty1903140003
 キャンディーに見立てた氷やニンジンを贈られたジャイアントパンダの「彩浜」=14日、和歌山県白浜町  キャンディーに見立てた氷やニンジンを贈られたジャイアントパンダの「彩浜」=14日、和歌山県白浜町
 キャンディーに見立てた氷やニンジンを贈られたジャイアントパンダの「彩浜」=14日、和歌山県白浜町
画像を拡大する
 キャンディーに見立てた氷やニンジンを贈られたジャイアントパンダの「彩浜」=14日、和歌山県白浜町フルスクリーンで見る 閉じる

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」はホワイトデーの14日、ジャイアントパンダの雌の赤ちゃん「彩浜」に、キャンディーに見立てた氷やニンジンをプレゼントした。

 氷はハート形で竹に刺されており、彩浜は顔を近づけて興味を示した。埼玉県所沢市の大学4年女性(22)は「間近で見られて、すごくかわいかった。これからも皆から愛され、すくすく育ってほしい」と笑顔を見せた。

 彩浜は昨年8月生まれ。母親の「良浜」(18歳)の母乳で順調に成長しており、体重は14日現在で11.52キロになった。

 施設には雌のパンダが5頭おり、彩浜の姉に当たる4歳の双子「桜浜」と「桃浜」、2歳の「結浜」、良浜にも氷をプレゼント。2月のバレンタインデーでは、彩浜の父親で26歳の「永明」にハート形の氷と麻袋のクッションが贈られた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング