産経フォト

ミラーレスに熱い視線 「CP+」開幕 アジア最大のカメラ見本市

イベント・祭典

ミラーレスに熱い視線 「CP+」開幕 アジア最大のカメラ見本市

更新 sty1902280006
 大勢の来場者でにぎわう会場=28日午前、横浜市西区のパシフィコ横浜(酒巻俊介撮影)  大勢の来場者でにぎわう会場=28日午前、横浜市西区のパシフィコ横浜(酒巻俊介撮影)

 アジア最大のカメラ見本市「CP+」が28日、横浜市西区のパシフィコ横浜で開幕した。商戦の中心はミラーレスカメラで、各社、新機種に力を入れている。3月3日まで。

 展示された製品を手にとって熱心に見る来場者=28日午前、横浜市西区のパシフィコ横浜(酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
 展示された製品を手にとって熱心に見る来場者=28日午前、横浜市西区のパシフィコ横浜(酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 ミラーレスでは、シェアトップのソニーを昨年本格的に参入したニコンやキヤノンが追う。3月にはパナソニックがフルサイズの新機種を発売する予定。独ライカのレンズマウント規格をシグマと3社で共有、交換レンズの選択肢を充実させる戦略だ。ミラーレスカメラは高級機から普及機まで広がりをみせており、国内出荷台数は従来の一眼レフカメラを上回っている。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング