産経フォト

旧中野刑務所正門を保存 日本モダン建築の先駆け

ニュース

旧中野刑務所正門を保存 日本モダン建築の先駆け

更新 sty1902260014
1961年当時の中野刑務所正門(左)=東京都中野区 1961年当時の中野刑務所正門(左)=東京都中野区
旧中野刑務所の正門(正面)=東京都中野区
画像を拡大する
旧中野刑務所の正門(正面)=東京都中野区フルスクリーンで見る 閉じる

 所在地の管理者が変わることで存続か解体かが注目されていた大正初期の先駆的モダン建築、旧中野刑務所正門(東京都中野区)が、現地で保存されることになった。
 正門は、日本近代建築の発展に重要な役割を果たした建築家、後藤慶二(1883~1919年)の唯一現存する作品。旧法務省矯正研修所東京支所の敷地内に残されているが、近く中野区がこの敷地を買い取り、区立小学校を建設する予定。門の解体が懸念されたことから、地元で保存運動が起こり、日本建築学会、日本建築家協会、美術評論家連盟からも保存を求める要望書や意見書が出されていた。

裏側から見た旧中野刑務所正門=東京都中野区
画像を拡大する
裏側から見た旧中野刑務所正門=東京都中野区フルスクリーンで見る 閉じる

 中野区は(1)現地保存(内部見学可)(2)現地保存(外部見学のみ)(3)移築(4)一部保存(5)映像、模型などで記録保存-の方策を検討し、現地保存(外部見学のみ)とすることを決めた。区の文化財指定を経て東京都の文化財指定を目指すという。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング