産経フォト

道真ゆかりの梅花祭 北野天満宮 芸舞妓のお手前も

伝統・文化

道真ゆかりの梅花祭 北野天満宮 芸舞妓のお手前も

更新 sty1902250006
京都・北野天満宮で「梅花祭」 梅花祭で参拝客をもてなす芸舞妓 =25日午前、京都市上京区の北野天満宮(永田直也撮影) 京都・北野天満宮で「梅花祭」 梅花祭で参拝客をもてなす芸舞妓 =25日午前、京都市上京区の北野天満宮(永田直也撮影)
京都・北野天満宮で「梅花祭」 梅花祭で参拝客をもてなす舞妓 =25日午前、京都市上京区の北野天満宮(永田直也撮影)
画像を拡大する
京都・北野天満宮で「梅花祭」 梅花祭で参拝客をもてなす舞妓 =25日午前、京都市上京区の北野天満宮(永田直也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 学問・芸能の神様として知られ、梅の花を愛した菅原道真の命日にあたる25日、北野天満宮(京都市上京区)で遺徳をしのぶ恒例の「梅花祭(ばいかさい)」が行われた。
 約900年の歴史がある祭典。豊臣秀吉が催したとされる「北野大茶湯」に由来する茶会も開かれ、近くの花街、上七軒の芸舞妓がお点前を披露した。
 本殿では、菜の花を冠に付けた神職たちが神事を行い、「梅花御供」と呼ばれる蒸した米を盛った供物と、筒状にした紙に紅白の梅の小枝を立てた「紙立」を神前に供えた。
 2月に入って暖かい日が続いたことから、境内と梅苑合わせて50種約1500本の梅はすでに7分咲き。道真が詠んだ「東風吹かば 匂いおこせよ 梅の花 あるじなしとて 春を忘るな」の句のように、境内は甘い香りに包まれていた。

京都・北野天満宮で「梅花祭」 梅花祭で参拝客をもてなす芸舞妓 =25日午前、京都市上京区の北野天満宮(永田直也撮影)
画像を拡大する
京都・北野天満宮で「梅花祭」 梅花祭で参拝客をもてなす芸舞妓 =25日午前、京都市上京区の北野天満宮(永田直也撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング