産経フォト

旧日本軍の豪北部空襲77年 ダーウィンで慰霊式

ニュース

旧日本軍の豪北部空襲77年 ダーウィンで慰霊式

更新 sty1902190008
 旧日本軍の空襲開始から77年となった慰霊式典=19日、オーストラリア北部ダーウィン(共同)  旧日本軍の空襲開始から77年となった慰霊式典=19日、オーストラリア北部ダーウィン(共同)

 旧日本軍が1942年2月にオーストラリア北部ダーウィンに空襲を開始して19日で77年となり、現地で慰霊式典が開かれた。出席した北部特別地域(準州)のガナー首席大臣は「戦時中、オーストラリアでここほど犠牲者が出たところはないが、今やこの町と人々は平和の象徴だ」とあいさつした。

 旧日本軍の空襲開始から77年の慰霊式典の様子=19日、オーストラリア北部ダーウィン(共同)
画像を拡大する
 旧日本軍の空襲開始から77年の慰霊式典の様子=19日、オーストラリア北部ダーウィン(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

 式典はダーウィン中心部の戦没者慰霊碑周辺で行われた。高橋礼一郎駐オーストラリア大使や地元の交流団体「北部準州豪日協会」のメンバー、オーストラリア軍の攻撃で42年1月にダーウィン沖で沈没した旧日本軍潜水艦の兵士の遺族、千葉七郎さん(65)夫妻=福井県敦賀市=も出席した。

 空襲が始まった午前9時58分には警報のサイレンが鳴らされ、海に向けて銃や大砲で迎撃する実演が行われ、出席者が神妙な面持ちで見守った。(ダーウィン共同)

 

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング