産経フォト

就活生、スーツ離れ進む 「人柄分かる」と企業側

ニュース

就活生、スーツ離れ進む 「人柄分かる」と企業側

更新 sty1902160004
 シナジーマーケティングの会社説明会で社員の話に笑顔を見せる学生ら=2018年12月、大阪市  シナジーマーケティングの会社説明会で社員の話に笑顔を見せる学生ら=2018年12月、大阪市

 就職活動中の学生のスーツ離れがじわり進んでいる。ジャケットとスラックスなどを組み合わせた「オフィスカジュアル」だけでなく、ジーンズ姿も。企業が説明会の参加者に「服装自由」などと呼び掛けており、人事担当者は「人柄が分かる」と効果を話す。

 就職情報サイト「リクナビ」を運営するリクルートキャリアの昨年8月の調査では、過去1年間で採用面接や会社説明会に「服装自由」や「私服でお越しください」と指定したことがある企業は約4割に及んだ。

 就活生としては採用側の本音が気になる。「服装自由」と指定した場合、どんな服装を想定したかを人事担当者に複数回答可で尋ねると「オフィスカジュアル」が55・6%で首位。「その人らしさが伝わる普段着」も34・5%を占めたが、「スーツ」も42・7%に達した。志望業種や社風に合わせた対応が求められそうだ。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング