産経フォト

福岡でeスポーツ大会 EVO日本、地方都市で初

スポーツ

福岡でeスポーツ大会 EVO日本、地方都市で初

更新 sty1902150009
 福岡市で開幕し大勢の参加者らが集まった、格闘が題材のコンピューターゲームで腕を競う「eスポーツ」の大会「EVO Japan 2019」=15日午後  福岡市で開幕し大勢の参加者らが集まった、格闘が題材のコンピューターゲームで腕を競う「eスポーツ」の大会「EVO Japan 2019」=15日午後
 「eスポーツ」の大会「EVO Japan 2019」の対戦を見て盛り上がる参加者ら=15日午後、福岡市
画像を拡大する
 「eスポーツ」の大会「EVO Japan 2019」の対戦を見て盛り上がる参加者ら=15日午後、福岡市フルスクリーンで見る 閉じる

 格闘が題材のコンピューターゲームで腕を競う「eスポーツ」の大会「EVO Japan 2019」が15日、福岡市の福岡国際センターで始まった。賞金総額は1千万円に上り、主要種目の六つのゲームで出場選手が腕を競った。この大会が地方都市で開かれたのは初めてで、17日まで。

 「eスポーツ」の大会「EVO Japan 2019」で対戦する参加者=15日午後、福岡市
画像を拡大する
 「eスポーツ」の大会「EVO Japan 2019」で対戦する参加者=15日午後、福岡市フルスクリーンで見る 閉じる

 大会は2回目となり、東京で昨年初開催された。対戦の様子はインターネットで配信され、全世界で視聴できる。福岡市はゲーム関連産業の振興に力を入れており、人気が高まっているeスポーツ大会の開催を追い風に、企業誘致や福岡の海外での知名度向上を狙う。

 主要種目には、カプコンの人気シリーズ「ストリートファイター5 アーケードエディション」や、バンダイナムコエンターテインメントの「鉄拳7」などが含まれる。

 会場には国内外からの参加者や観客が押し寄せた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング