産経フォト

小学校で義足体験授業 サッカー中田氏ゲスト参加

ニュース

小学校で義足体験授業 サッカー中田氏ゲスト参加

更新 sty1902150008
 義足での歩行を体験する中田浩二さん(手前)にアドバイスを送る山下千絵さん=15日、茨城県鹿嶋市  義足での歩行を体験する中田浩二さん(手前)にアドバイスを送る山下千絵さん=15日、茨城県鹿嶋市
 「スポーツ義足体験授業」で義足を外し、子どもたちに説明する山下千絵さん=15日、茨城県鹿嶋市
画像を拡大する
 「スポーツ義足体験授業」で義足を外し、子どもたちに説明する山下千絵さん=15日、茨城県鹿嶋市フルスクリーンで見る 閉じる

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の公認教育プログラムにも認定されている「スポーツ義足体験授業」が15日、茨城県鹿嶋市の平井小学校で行われ、5年生約50人が競技用義足での歩行に挑戦した。サッカー元日本代表で地元のJ1鹿島で活躍した中田浩二氏もゲスト参加し、障害者スポーツやバリアフリーへの理解を深めた。

 講師役は陸上短距離で東京パラリンピック出場を目指す山下千絵さんが務めた。義足の着脱や、走り方のお手本を披露。続いて児童が順番に体験用の義足をつけてマットの上を歩くと「難しい」「不思議な感じ」と驚きの声が上がった。

 組織委スポンサーの住宅設備大手LIXIL(リクシル)が17年から各地で主催。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング