産経フォト

世界屈指の魚影 タイのシミラン諸島

自然・風景

世界屈指の魚影 タイのシミラン諸島

更新 sty1902140013
 黄金の壁のように目の前を覆うキンセンフエダイ  黄金の壁のように目の前を覆うキンセンフエダイ

 タイの西側に広がるインド洋・アンダマン海では10月から3月ごろに海が穏やかになる。同国南部のリゾート地プーケット島からダイビングしながら船で北上する「シミラン諸島クルーズ」は大人気で、この季節、世界中からダイバーが訪れる。

 ミャンマーの国境近くにある「リチェリューロック」というポイントには、とてつもない数の魚たちが集まってくる。美しい岩礁の周りには、視界を遮るほどのキンセンフエダイが群れ、黄金にそびえ立つ壁のよう。

 海の楽園でも海洋汚染や生態系の破壊が深刻化している。タイの環境省はシミラン諸島に立ち入る人数を制限。1日に入域可能な観光客は3850人、その内ダイバーは525人までに限られる。マスツーリズムからサステナブル(持続可能な)ツーリズムの時代へ、世界的に海洋レジャーの形も変化しつつある。(文と写真・中村卓哉)

 クマノミの仲間・トマトアネモネフィッシュ。東インド洋の固有種
画像を拡大する
 クマノミの仲間・トマトアネモネフィッシュ。東インド洋の固有種フルスクリーンで見る 閉じる
 悠然と目の前を横切るジンベエザメ
画像を拡大する
 悠然と目の前を横切るジンベエザメフルスクリーンで見る 閉じる
 巨大なウミウチワの仲間
画像を拡大する
 巨大なウミウチワの仲間フルスクリーンで見る 閉じる
 アオウミガメ。観光客が海に捨てたプラスチックゴミを食べてしまうこともある
画像を拡大する
 アオウミガメ。観光客が海に捨てたプラスチックゴミを食べてしまうこともあるフルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング