産経フォト

五輪出場「分からない」と連盟 池江選手が白血病公表

ニュース

五輪出場「分からない」と連盟 池江選手が白血病公表

更新 sty1902120022
メッセージを書いた色紙を手にする競泳の池江璃花子選手 =昨年11月15日、東京都豊島区(川口良介撮影) メッセージを書いた色紙を手にする競泳の池江璃花子選手 =昨年11月15日、東京都豊島区(川口良介撮影)
池江選手の白血病公表を受けて記者会見する、(左から)ルネサンスの三木二郎コーチ、日本水泳連盟の上野広治副会長、同・青木剛会長、ルネサンスの吉田正昭社長 =12日午後、東京都渋谷区(撮影・財満朝則)
画像を拡大する
池江選手の白血病公表を受けて記者会見する、(左から)ルネサンスの三木二郎コーチ、日本水泳連盟の上野広治副会長、同・青木剛会長、ルネサンスの吉田正昭社長 =12日午後、東京都渋谷区(撮影・財満朝則)フルスクリーンで見る 閉じる

 競泳女子の池江璃花子選手(18)の白血病の公表を受け、記者会見した日本水泳連盟の上野広治副会長は12日、競泳女子のエースを襲った病気に驚きを隠さず、「本人は病気に立ち向かう姿勢だ。温かく見守ってほしい」と訴えた。

 池江璃花子選手の直筆サイン入りコメント文
画像を拡大する
 池江璃花子選手の直筆サイン入りコメント文フルスクリーンで見る 閉じる

 連盟が入る岸記念体育会館(東京都渋谷区)で開かれた会見には、上野副会長やコーチらが出席。上野副会長は、2020年東京五輪への展望について聞かれると、「本人が誰より出たがっているが、現状では分からない」と苦渋の表情を浮かべた。

2018ジャカルタアジア大会の競泳・女子50m自由形決勝で、金メダルを獲得し六冠を達成した池江璃花子選手 =昨年8月24日、ジャカルタ・アクアティックセンター(納冨康撮影)
画像を拡大する
2018ジャカルタアジア大会の競泳・女子50m自由形決勝で、金メダルを獲得し六冠を達成した池江璃花子選手 =昨年8月24日、ジャカルタ・アクアティックセンター(納冨康撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 病気を告知された後の池江選手の様子については「私も本人も、まさかという思い。ショックだったと思う」と語り、今後の見込みに関しては「治すことに専念させたい」として、詳しい病状については言及を避けた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング