産経フォト

壁建設へ国境都市で集会 米大統領、中間選挙後初

ニュース

壁建設へ国境都市で集会 米大統領、中間選挙後初

更新 sty1902120007
 米テキサス州エルパソの集会に参加したトランプ大統領(中央)=11日(ゲッティ=共同)  米テキサス州エルパソの集会に参加したトランプ大統領(中央)=11日(ゲッティ=共同)
 米テキサス州エルパソで11日、国境の壁の格好をするトランプ大統領の支持者(ロイター)
画像を拡大する
 米テキサス州エルパソで11日、国境の壁の格好をするトランプ大統領の支持者(ロイター)フルスクリーンで見る 閉じる

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は11日夜、メキシコと国境を接する南部テキサス州エルパソで支持者集会を開いた。昨年11月の中間選挙後、初めての集会で、再選を目指す2020年大統領選に向けた動きを本格化させる。最重要課題と位置付ける国境壁建設に向け、現場からアピール。トランプ氏を支える共和党と、壁建設に反対する民主党の指導部は週末にかけて国境警備を巡る予算案を協議したが、まとまっていない。現在のつなぎ予算が切れる15日までに合意できなければ、再び政府機関の一部閉鎖に突入する。

 トランプ氏は57億ドル(約6300億円)の壁建設予算を求めている。全額でなくても一定額の建設費が盛り込まれれば、トランプ氏が予算案に署名するとの見方もある。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング