産経フォト

米中、北京で次官級協議 摩擦解消へ構造改革争点

ニュース

米中、北京で次官級協議 摩擦解消へ構造改革争点

更新 sty1902110003
北京のホテルを出る米通商代表部のゲリッシュ次席代表=11日(共同) 北京のホテルを出る米通商代表部のゲリッシュ次席代表=11日(共同)
北京の中国商務省で関係者と話をする劉鶴副首相=11日(共同)
画像を拡大する
北京の中国商務省で関係者と話をする劉鶴副首相=11日(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

【北京共同】米中両政府は11日、次官級による貿易協議を北京で始めた。摩擦解消に向けて14、15日に閣僚級協議を行うのに先立ち、中国の構造改革などの主な争点について実務レベルで話し合いを進める。3月1日の交渉期限が近づいており、作業を加速させる。
 通商代表部(USTR)のゲリッシュ次席代表ら米交渉団は11日朝、北京の宿泊先ホテルを出発し、商務省に入った。中国の劉鶴副首相も商務省入りした。
 14日から始まる閣僚級協議には、米側はUSTRのライトハイザー代表やムニューシン財務長官が出席。知的財産権の保護策の強化など中国の構造改革に重点を置いて議論する予定。
 これまでの協議で、中国は貿易不均衡の是正に向けて米国からの輸入を大幅に拡大することを約束。ただ構造改革を巡っては両国の主張の隔たりが依然として大きく、交渉は難航している。
 トランプ米政権は交渉期限までに合意できなければ、中国からの一部輸入品に対する追加関税率を引き上げる方針。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング