産経フォト

文化知り日本酒楽しんで 新潟の菊水酒造が研究所一般公開

伝統・文化

文化知り日本酒楽しんで 新潟の菊水酒造が研究所一般公開

更新 sty1902100014
 一般公開された「菊水日本酒文化研究所」=新潟県新発田市  一般公開された「菊水日本酒文化研究所」=新潟県新発田市

 新潟県新発田市の清酒製造販売会社「菊水酒造」が、主に社内限定で利用していた「日本酒文化研究所」を昨年10月から一般公開している。江戸-明治期の酒器や献立集などの貴重な資料があり、常設展示していないものも含め、酒や食に関する約3万点を収蔵する。

 JR新発田駅から車で約10分の研究所は2004年に設立。図書コーナーは新旧多くの論文や学術書がずらり。明治期の和とじの料理本や、「引き札」と呼ばれる赤や黄の色鮮やかな広告チラシもある。

 実際に酒席で使った品々も展示。繊細に装飾を凝らした江戸期以降のおちょこやとっくり、結婚式用の漆器の杯などが並ぶ。研究所は主に、社員による製品開発や技術伝承に利用してきた。地域住民や訪問客の見学希望が多く、公開を決めた。見学は無料。要予約。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング