産経フォト

新種エビ「見て、食べて楽しんで」 福島の水族館で試食会

生き物

新種エビ「見て、食べて楽しんで」 福島の水族館で試食会

更新 sty1902090010
「シラユキモロトゲエビ」を試食する女性=9日、福島県いわき市のアクアマリンふくしま 「シラユキモロトゲエビ」を試食する女性=9日、福島県いわき市のアクアマリンふくしま
「シラユキモロトゲエビ」の炭火焼き=9日、福島県いわき市のアクアマリンふくしま
画像を拡大する
「シラユキモロトゲエビ」の炭火焼き=9日、福島県いわき市のアクアマリンふくしまフルスクリーンで見る 閉じる

 福島県いわき市の水族館アクアマリンふくしまで9日、1月に新種と公表されたばかりで、世界初展示中の白いエビ「シラユキモロトゲエビ」などを入場者らが試食するイベントがあった。
 高級すしネタとして知られるラウスブドウエビの仲間だが、水揚げされても雑魚扱いされることが多く、新種エビの認知度や価値を高めようと同館が企画した。
 新種エビの研究に携わった飼育員日比野麻衣さん(33)が講演し、エビに関するクイズに正解した約40人が炭火焼きにして味わった。同市の会社員(26)は「味付けしていないのに濃厚な味で日本酒にも合いそう。また機会があったら食べてみたい」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング