産経フォト

闇夜に浮かぶ炎の帯 和歌山・新宮の「御燈祭り」

伝統・文化

闇夜に浮かぶ炎の帯 和歌山・新宮の「御燈祭り」

更新 sty1902060012
たいまつを手に急峻な石段を下りる男衆 =6日夜、和歌山県新宮市の神倉神社(寺口純平撮影) たいまつを手に急峻な石段を下りる男衆 =6日夜、和歌山県新宮市の神倉神社(寺口純平撮影)
たいまつに火をつける男衆 =6日夜、和歌山県新宮市の神倉神社(寺口純平撮影)
画像を拡大する
たいまつに火をつける男衆 =6日夜、和歌山県新宮市の神倉神社(寺口純平撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

 和歌山県新宮市の熊野速玉大社の摂社・神倉神社で6日夜、熊野地方に春の訪れを告げる伝統行事「御燈(おとう)祭り」が行われた。

 約1400年前から伝わる国の重要無形民俗文化財。たいまつの炎が帯状に連なって見えるため、地元民謡では「山は火の滝 下り竜」とうたわれる。

 午後8時ごろ、山門が開かれると、白装束に荒縄を締めた男衆約1700人がたいまつを手に雄たけびを上げ、500段超の急峻な石段を駆け下りた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング