産経フォト

卓球水谷が10度目の優勝 女子伊藤は3種目連覇

スポーツ

卓球水谷が10度目の優勝 女子伊藤は3種目連覇

更新 sty1901200015
男子シングルスの優勝を決めカメラに向かってポーズをとる水谷隼 =丸善インテックアリーナ大阪(撮影・松永渉平) 男子シングルスの優勝を決めカメラに向かってポーズをとる水谷隼 =丸善インテックアリーナ大阪(撮影・松永渉平)
シングルス優勝で三冠を達成し、ウイニングボールを手に笑顔の伊藤美誠 =丸善インテックアリーナ大阪(撮影・松永渉平)
画像を拡大する
シングルス優勝で三冠を達成し、ウイニングボールを手に笑顔の伊藤美誠 =丸善インテックアリーナ大阪(撮影・松永渉平)フルスクリーンで見る 閉じる

 卓球の全日本選手権最終日は20日、大阪市の丸善インテックアリーナ大阪で行われ、シングルスの男子決勝で水谷隼(木下グループ)が初めて決勝に進出した大島祐哉(同)を4-2で下し、自らの最多記録を更新する2年ぶり10度目の優勝を飾った。前回王者の15歳張本智和(エリートアカデミー)は準決勝で大島に3-4で敗れた。

女子シングルス決勝 伊藤美誠に敗れた木原美悠(手前) =丸善インテックアリーナ大阪(撮影・松永渉平)
画像を拡大する
女子シングルス決勝 伊藤美誠に敗れた木原美悠(手前) =丸善インテックアリーナ大阪(撮影・松永渉平)フルスクリーンで見る 閉じる

 女子決勝では伊藤美誠(スターツ)が、14歳5カ月の史上最年少で決勝に進んだ木原美悠(エリートアカデミー)を4-1で下し、2連覇を果たした。同ダブルスと混合ダブルスを合わせた3種目連覇は女子で初めて。これまでの最年少の決勝進出は、昨年の張本の14歳6カ月だった。

 伊藤は準決勝で早田ひな(日本生命)にストレート勝ちした。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング