産経フォト

17歳戸塚が今季最高2位 スノーボードW杯HP

スポーツ

17歳戸塚が今季最高2位 スノーボードW杯HP

更新 sty1901200003
2位に入った戸塚優斗=ラークス(共同) 2位に入った戸塚優斗=ラークス(共同)
スノーボードW杯ハーフパイプ男子 2位に入った戸塚優斗=ラークス(共同)
画像を拡大する
スノーボードW杯ハーフパイプ男子 2位に入った戸塚優斗=ラークス(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

【ラークス(スイス)共同】スノーボードのワールドカップ(W杯)は19日、スイスのラークスでハーフパイプ(HP)第3戦が行われ、男子は平昌冬季五輪代表で17歳の戸塚優斗(ヨネックス)が92・00点で今季自己最高の2位に入った。3位だった昨年12月の第2戦に続く表彰台。
 片山来夢(バートン)は84・50点で4位、16歳の平野流佳(ムラサキスポーツ)は84・00点で5位。スコット・ジェームズ(オーストラリア)が95・75点で今季2勝目、通算3勝目を挙げた。
 女子の日本勢は決勝に進めず、今井胡桃(プリオコーポレーション)の7位が最高。大江光(バートン)は9位、冨田せな(チームJWSC)は10位だった。平昌五輪女王のクロエ・キム(米国)が今季2勝目、通算7勝目。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング