産経フォト

防空壕見学ツアーが人気 ハノイの老舗ホテル

ワールド

防空壕見学ツアーが人気 ハノイの老舗ホテル

更新 sty1901170018
 ホテルにある防空壕跡の内部=2018年12月、ハノイ(共同)  ホテルにある防空壕跡の内部=2018年12月、ハノイ(共同)

 ベトナムの首都ハノイの老舗ホテル「ソフィテル・レジェンド・メトロポール・ハノイ」で、ベトナム戦争の防空壕跡の見学ツアーが毎日実施されている。

 ホテルは1901年に開業。ハノイでは数少ない国際水準のサービスを提供するホテルで、一時は国営となった。現在はフランスのホテルチェーン系列。トランプ米大統領も2017年に宿泊した。

 内部は約40平方メートルの空間が数個。高さは1・8メートルほど。反戦運動で知られた米女優ジェーン・フォンダさんや米フォーク歌手のジョーン・バエズさんも米軍の空襲が近づくと避難したという。

 戦争終結後は存在も忘れられたが、2011年に改装工事中に見つかった。ベトナムは改革・開放路線にかじを切り95年に米国と国交正常化。両国の接近は近年顕著だが、甚大な被害が出た戦争の歴史は消えない。(ハノイ共同)

 ホテルの防空壕跡につながる階段入り口=2018年12月、ハノイ(共同)
画像を拡大する
 ホテルの防空壕跡につながる階段入り口=2018年12月、ハノイ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 ホテル内の防空壕跡内部=2018年12月、ハノイ(共同)
画像を拡大する
 ホテル内の防空壕跡内部=2018年12月、ハノイ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング