産経フォト

「一片の悔いもなし」 稀勢の里が引退会見

スポーツ

「一片の悔いもなし」 稀勢の里が引退会見

更新 sty1901160007
引退会見で涙を浮かべる稀勢の里 =16日、両国国技館(撮影・福島範和) 引退会見で涙を浮かべる稀勢の里 =16日、両国国技館(撮影・福島範和)
引退会見で涙を浮かべる稀勢の里 =16日、両国国技館(撮影・福島範和)
画像を拡大する
引退会見で涙を浮かべる稀勢の里 =16日、両国国技館(撮影・福島範和)フルスクリーンで見る 閉じる

 引退を決めた大相撲の第72代横綱稀勢の里(32)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が大相撲初場所4日目の16日、東京・両国国技館内で会見を開き、引退を表明した。

引退会見を終えて、一礼する稀勢の里(左)と田子ノ浦親方 =16日、両国国技館(撮影・福島範和)
画像を拡大する
引退会見を終えて、一礼する稀勢の里(左)と田子ノ浦親方 =16日、両国国技館(撮影・福島範和)フルスクリーンで見る 閉じる

 稀勢の里は同日午後3時半過ぎ、両国国技館で会見に臨み、「今場所をもち引退し、後進指導に当たりたいと思います。大変お世話になりました」と語った。

 初日から3連した初場所について「皆様の期待に沿えず悔いが、残るが土俵人生に一片の悔いもございません」と涙をぬぐいながら振り返った。

 日本相撲協会は同日の理事会で、稀勢の里の引退と年寄「荒磯」襲名を承認したと発表した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング