産経フォト

旧公衆衛生院が歴史館に 東京・白金台、ゴシック調の名建築

遺跡・建造物

旧公衆衛生院が歴史館に 東京・白金台、ゴシック調の名建築

更新 sty1901150010
 郷土歴史館などが入居する複合施設「ゆかしの杜」=東京都港区  郷土歴史館などが入居する複合施設「ゆかしの杜」=東京都港区

 1938年に完成した旧公衆衛生院のゴシック調建築(東京都港区白金台)が昨年、区立郷土歴史館を中心とする複合施設「ゆかしの杜」に生まれ変わった。

 公衆衛生院は国立保健医療科学院(埼玉県和光市)の前身で、国民の保健衛生に関する調査研究や公衆衛生の普及活動を行っていた。建物は地上6階、地下1階。東大安田講堂などを手掛けた内田祥三が設計し、米ロックフェラー財団の寄付によって建設された。

 港区が2009年に建物と敷地を取得し、耐震補強やバリアフリー化を実施。昨年4月にがん在宅緩和ケア支援センターや学童クラブなど、同11月に郷土歴史館が開館した。郷土歴史館は1~4階。吹き抜けの中央ホール、高級なしつらえの旧院長室、階段状の講堂などは建設当時と変わらぬ姿を保っている。展示室以外は入場無料で写真撮影も一部を除き自由だ。

 「ゆかしの杜」の中央ホール=東京都港区
画像を拡大する
 「ゆかしの杜」の中央ホール=東京都港区フルスクリーンで見る 閉じる
 いすのクッションと天井板を除き、旧公衆衛生院時代の部材がそのまま残されている講堂=東京都港区
画像を拡大する
 いすのクッションと天井板を除き、旧公衆衛生院時代の部材がそのまま残されている講堂=東京都港区フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング