産経フォト

米軍戦闘機が緊急着陸 青森、エンジントラブルで

ニュース

米軍戦闘機が緊急着陸 青森、エンジントラブルで

更新 sty1901140011
緊急着陸した米軍のF16戦闘機=14日、青森空港 緊急着陸した米軍のF16戦闘機=14日、青森空港
緊急着陸した米軍のF16戦闘機=14日午後、青森空港
画像を拡大する
緊急着陸した米軍のF16戦闘機=14日午後、青森空港フルスクリーンで見る 閉じる

 14日午後1時20分ごろ、米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が青森空港(青森市)に緊急着陸したと青森県が発表した。エンジントラブルが原因。乗っていたのはパイロットの男性1人で、けが人はなかったという。
 県によると、午後1時15分ごろに管制塔から「米軍機が緊急着陸するかもしれない」と連絡があった。着陸後の戦闘機から黒煙や炎が上がっている様子は見えないという。
 米軍は、F16の航行目的や経路を明らかにしていない。トラブルの原因を調査するとしている。
 青森県の三村申吾知事は、同基地のクリストファー・ストルービ司令官に「県民に大きな不安を与えている」とする文書をファクスし、原因究明と再発防止を求めた。 F16を巡っては、昨年2月に同基地所属の機体がエンジン火災を起こして同県小川原湖に燃料タンクを投棄、地元漁業者が一時禁漁に追い込まれた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング