産経フォト

漂流木造船に2人、青森沖 「北朝鮮出港、帰りたい」

ニュース

漂流木造船に2人、青森沖 「北朝鮮出港、帰りたい」

更新 sty1901130013
青森県深浦町の沖合を漂流していた木造船に乗り込み、調査を行う海保職員=13日午後3時20分ごろ(第2管区海上保安本部提供) 青森県深浦町の沖合を漂流していた木造船に乗り込み、調査を行う海保職員=13日午後3時20分ごろ(第2管区海上保安本部提供)
青森県深浦町の沖合を漂流していた木造船=13日午後3時20分ごろ(第2管区海上保安本部提供)
画像を拡大する
青森県深浦町の沖合を漂流していた木造船=13日午後3時20分ごろ(第2管区海上保安本部提供)フルスクリーンで見る 閉じる

13日午前7時20分ごろ、青森県深浦町の沖合で「木造船が漂流しており船内に2人いる」と地元漁協から青森海上保安部に通報があった。第2管区海上保安本部(塩釜)によると、2人は成人男性。「北朝鮮を出港した。帰りたい」と話したという。「漁のために出港した」としており、同本部が経緯を調べる。

青森県深浦町の沖合を漂流していた木造船=13日午前11時30分ごろ(第2管区海上保安本部提供)
画像を拡大する
青森県深浦町の沖合を漂流していた木造船=13日午前11時30分ごろ(第2管区海上保安本部提供)フルスクリーンで見る 閉じる

 同本部によると、乗組員は昨年12月中旬に北朝鮮を出港、漁をしていたが同月下旬、「エンジンが故障して漂流状態となった」と説明している。出港時は5人が乗っていたが、悪天候でうち3人が海に投げ出されたという。2人は体調不良は訴えていない。秋田海上保安部の巡視船に移し、事情を聴いている。
 木造船は長さ約10メートル、船首部にハングルが記載されている。
 深浦町の深浦漁協付近には海保職員や青森県警の警察官が集まり、騒然とした雰囲気に。船の様子を見に来ていた70代男性は「朝からパトカーのサイレンが鳴って何事かと思った。何を持っているのかも分からないし不安だ」と話した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング