産経フォト

晴れ着の新成人腕前競う 京都・三十三間堂で「通し矢」

ニュース

晴れ着の新成人腕前競う 京都・三十三間堂で「通し矢」

更新 sty1901130006
 着物姿で腕を競う新成人たち=13日午前、京都市東山区の三十三間堂(永田直也撮影)  着物姿で腕を競う新成人たち=13日午前、京都市東山区の三十三間堂(永田直也撮影)

 京都市東山区の三十三間堂で13日、弓の伝統競技「通し矢」に由来し、新成人が腕前を競い合う大的全国大会が開かれた。寒空の下、振り袖にはかま姿の女性や道着姿の男性ら約1600人が、約60メートル先の的を狙って次々と矢を放った。

 京都府弓道連盟によると、通し矢は江戸時代に盛んになり、武士が本堂の長さ約120メートルの軒下で、一昼夜で射通した矢の数を競った。大的全国大会は新成人に参加資格があり、一般の部もある。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング