産経フォト

日本、きょうオマーン戦 サッカーアジア杯

スポーツ

日本、きょうオマーン戦 サッカーアジア杯

更新 sty1901130001
ランニングする日本イレブン =ザイードスポーツシティスタジアム(撮影・蔵賢斗) ランニングする日本イレブン =ザイードスポーツシティスタジアム(撮影・蔵賢斗)
練習に臨む武藤嘉紀(中央)ら=ザイードスポーツシティスタジアム(撮影・蔵賢斗)
画像を拡大する
練習に臨む武藤嘉紀(中央)ら=ザイードスポーツシティスタジアム(撮影・蔵賢斗)フルスクリーンで見る 閉じる

 【アブダビ=小川寛太】アラブ首長国連邦(UAE)で開催されているサッカーのアジア・カップで、日本代表は13日午後5時半(日本時間同10時半)から、1次リーグF組第2戦のオマーン戦に臨む。勝てば1次リーグ突破となる。

 12日は、アブダビの試合会場で冒頭を除く大部分を非公開にして最終調整した。右臀部(でんぶ)痛の大迫(ブレーメン)と腰痛の東口(G大阪)は全体練習を休んだ。その後の会見で森保監督は「残る選手で勝ち切れるようにしたい。アクシデントを乗り越えたい」と話した。

練習に臨む北川航也(中央)、武藤嘉紀(右)ら=ザイードスポーツシティスタジアム(撮影・蔵賢斗)
画像を拡大する
練習に臨む北川航也(中央)、武藤嘉紀(右)ら=ザイードスポーツシティスタジアム(撮影・蔵賢斗)フルスクリーンで見る 閉じる

 国際サッカー連盟(FIFA)ランキング50位の日本は勝ち点3でF組首位、同82位のオマーンは同0で同組最下位。

 11日は、C組で韓国と中国が決勝トーナメント進出を決めた。韓国は1-0でキルギスを、中国は3-0でフィリピンを下し、ともに2連勝の勝ち点6とした。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング