産経フォト

「純烈」友井雄亮さんが謝罪会見 「人間としてやり直さないとだめだ」

ニュース

「純烈」友井雄亮さんが謝罪会見 「人間としてやり直さないとだめだ」

更新 sty1901110018
謝罪会見で頭を下げる「純烈」の友井雄亮さん=東京都内(撮影・中井誠) 謝罪会見で頭を下げる「純烈」の友井雄亮さん=東京都内(撮影・中井誠)

 昨年末の紅白歌合戦に出場した5人組の歌謡グループ「純烈」のメンバーで、過去の複数の交際女性に対する暴力や金銭問題が報じられた友井雄亮さん(38)が10日午後、東京都内で会見し、「報道内容はすべて事実」と認めた。同時に「純烈」から脱退し、芸能界から身を引くことを表明した。

「このような形で裏切ってしまい・・・」

涙ながらに謝罪の言葉を絞り出す「純烈」の友井雄亮さん=東京都内(撮影・中井誠)
画像を拡大する
涙ながらに謝罪の言葉を絞り出す「純烈」の友井雄亮さん=東京都内(撮影・中井誠)フルスクリーンで見る 閉じる

 同居女性への暴行について「回数は分からないが、殴ったり蹴ったりした」と明かし、理由について「口論やケンカの延長。もともと怒りっぽいんですが、そこを抑える強さがなかった」と説明。「人間としてやり直さないとだめだ。このような形で裏切ってしまい、申し訳ありませんでした」と反省を口にした。
 また、別の女性の貯金3000万円を競馬などのギャンブルにつぎ込んだと報道されたことについて「事実」と認め、「『(ギャンブルに勝って)早く返さないと、早く返さないと』という思いが麻痺を起こさせた。1日で何十万円も負けたこともあった」と振り返った。女性への借金については「色々な方に力をお借りして、お金は全額返済しました」と説明した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング