産経フォト

羽生結弦、来季も現役 紀平梨花は4回転を「完成形に」

スポーツ

羽生結弦、来季も現役 紀平梨花は4回転を「完成形に」

更新 sty1901110017
2018年「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰式に羽生結弦が寄せた映像メッセージ=11日午後、東京都港区 2018年「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰式に羽生結弦が寄せた映像メッセージ=11日午後、東京都港区

 フィギュアスケート男子で五輪2連覇の羽生結弦(ANA)が11日、東京都内で行われた2018年「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰式に「今シーズンはけがでグランプリ(GP)ファイナル、全日本選手権を欠場してしまった。来シーズンこそGPシリーズを通して優勝を目指したい」と映像でメッセージを寄せ、来季も現役を続ける意向を明らかにした。
 3連覇が懸かる22年北京五輪挑戦については明言を避けており、昨年2月の平昌五輪で金メダル獲得後に「もうちょっと滑る」などと語っていた。来季はクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)を演技に入れることに意欲ものぞかせた。

2018年「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰式で笑顔を見せる紀平梨花(左)=11日午後、東京都港区
画像を拡大する
2018年「テレビ朝日ビッグスポーツ賞」の表彰式で笑顔を見せる紀平梨花(左)=11日午後、東京都港区フルスクリーンで見る 閉じる

 昨年12月のGPファイナル女子で初出場優勝し、特別賞に輝いた紀平梨花(関大KFSC)は4回転ジャンプ習得に向け「来シーズンが始まる前に一つは完成形にしたい」と話し、トーループに挑む可能性が高いという。2月の四大陸選手権(米アナハイム)、3月の世界選手権(さいたまスーパーアリーナ)を見据え「ノーミスの演技をしたい」と意気込んだ。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング