産経フォト

稀勢の里関、初場所出場へ 進退懸け、13日初日

スポーツ

稀勢の里関、初場所出場へ 進退懸け、13日初日

更新 sty1901100007
 稽古後、報道陣の取材に応じる稀勢の里=東京都江戸川区の田子ノ浦部屋  稽古後、報道陣の取材に応じる稀勢の里=東京都江戸川区の田子ノ浦部屋

 大相撲の東横綱稀勢の里関(32)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が進退を懸け、初場所(13日初日・両国国技館)に出場することが10日、決まった。東京都江戸川区の同部屋での稽古後に本人が明言した。

 稀勢の里関は昨年11月の九州場所で横綱として87年ぶりに初日から4連敗(不戦敗を除く)を喫し、右膝を痛めて在位11場所で9度目の休場。横綱審議委員会から初の「激励」決議を受け、初場所の出場を強く要望する声も上がった。

 8場所連続休場明けだった昨年9月の秋場所で10勝を挙げて引退危機を一度は脱した稀勢の里関。九州場所の結果を受け進退問題が再浮上した。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング