産経フォト

広島の消防士が一番福 平成最後、5000人全力疾走

イベント・祭典

広島の消防士が一番福 平成最後、5000人全力疾走

更新 sty1901100003
開門神事福男選びで一斉に駆け出す参拝者=10日午前6時、兵庫県西宮市 (渡辺恭晃撮影) 開門神事福男選びで一斉に駆け出す参拝者=10日午前6時、兵庫県西宮市 (渡辺恭晃撮影)

 商売繁盛の神様「えべっさん」の総本社、兵庫県西宮市の西宮神社で10日早朝、門から本殿まで走り抜けて参拝一番乗りを競う恒例の「開門神事福男選び」があり、広島県福山市の消防士山本優希さん(22)が先頭で本殿に飛び込み、平成最後の「一番福」となった。

 西宮神社によると、約5千人が参加。午前6時、太鼓の音を合図に高さ約7メートルの赤門が開くと、くじ引きで選ばれた最初の108人を皮切りに参拝者が境内の石畳約230メートルを全力疾走した。

 初参加の山本さんは、高校時代に棒高跳びでインターハイ出場が決まりながらけがで欠場した過去を振り返り「すごくうれしい」と笑顔。西日本豪雨で被災した地元に向け「皆さんに少しでも元気を与えられたらいいと思います」とエールを送った。

 二番福は兵庫県西宮市のお笑いタレント伊丹祐貴さん(30)、三番福は同県加古川市の玉暉活也さん(23)だった。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング