産経フォト

レスリング女子・吉田引退 写真で振り返る選手生活

スポーツ

レスリング女子・吉田引退 写真で振り返る選手生活

更新 sty1901080018
 アテネ五輪で優勝し金メダルを掲げる吉田沙保里=2004年8月23日、アテネ(鈴木健児撮影)  アテネ五輪で優勝し金メダルを掲げる吉田沙保里=2004年8月23日、アテネ(鈴木健児撮影)

 レスリング女子で五輪と世界選手権を合わせて16大会連続世界一に輝き、2012年に国民栄誉賞を受賞した吉田沙保里(36)=至学館大職=が8日、現役引退を明らかにした。自身のツイッターに「33年間のレスリング選手生活に区切りをつけることを決断しました」と投稿した。

 五輪4連覇を逃した16年リオ五輪後は休養に入り、選手兼任で日本代表コーチを務めていた。三重県出身の吉田は3歳でレスリングを始め、14年3月に亡くなった父、栄勝氏の指導で頭角を現した。01年に中京女子大(現至学館大)に進学して栄和人氏に師事し、02年世界選手権を初制覇。五輪は女子が正式種目入りした04年アテネ大会から3連覇した。

 12年に世界選手権を10連覇し、五輪3連覇と合わせて「人類最強」と呼ばれたアレクサンドル・カレリン(ロシア)を超える史上初の13大会連続世界一を成し遂げた。

 ロンドン五輪の決勝で勝利し、日の丸を背にマットを一周する吉田沙保里=2012年8月9日、ロンドン(鈴木健児撮影)
画像を拡大する
 ロンドン五輪の決勝で勝利し、日の丸を背にマットを一周する吉田沙保里=2012年8月9日、ロンドン(鈴木健児撮影)フルスクリーンで見る 閉じる
 2012年のロンドン五輪女子55キロ級で優勝し、父栄勝コーチ(上)を肩車して喜ぶ吉田沙保里=エクセル(共同)
画像を拡大する
 2012年のロンドン五輪女子55キロ級で優勝し、父栄勝コーチ(上)を肩車して喜ぶ吉田沙保里=エクセル(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 2012年のロンドン五輪女子55キロ級で3連覇を果たし、メダルを手に喜ぶ吉田沙保里=エクセル(共同)
画像を拡大する
 2012年のロンドン五輪女子55キロ級で3連覇を果たし、メダルを手に喜ぶ吉田沙保里=エクセル(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 2012年のロンドン五輪開会式の入場行進で日本選手団の旗手を務める吉田沙保里=五輪スタジアム(共同)
画像を拡大する
 2012年のロンドン五輪開会式の入場行進で日本選手団の旗手を務める吉田沙保里=五輪スタジアム(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 2016年のリオ五輪女子53キロ級で2位となり、銀メダルを手にする吉田沙保里=リオデジャネイロ(共同)
画像を拡大する
 2016年のリオ五輪女子53キロ級で2位となり、銀メダルを手にする吉田沙保里=リオデジャネイロ(共同)フルスクリーンで見る 閉じる
野田佳彦首相(右)から国民栄誉賞の盾を受け取る吉田沙保里=2012年11月7日、首相官邸 (酒巻俊介撮影)
画像を拡大する
野田佳彦首相(右)から国民栄誉賞の盾を受け取る吉田沙保里=2012年11月7日、首相官邸 (酒巻俊介撮影)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング