産経フォト

囲碁で10歳の最年少プロ棋士誕生へ 大阪の仲邑菫さん

ニュース

囲碁で10歳の最年少プロ棋士誕生へ 大阪の仲邑菫さん

更新 sty1901050015
 会見する仲邑菫さん=5日午後、東京都千代田区の日本棋院(桐原正道撮影)  会見する仲邑菫さん=5日午後、東京都千代田区の日本棋院(桐原正道撮影)

 囲碁の日本棋院は5日、東京都千代田区で記者会見し、小学4年生の少女、仲邑菫さん(9)が史上最年少でプロ棋士の初段になると発表した。4月1日付のプロ入り時は10歳0カ月で、藤沢里菜女流本因坊(20)の11歳6カ月を9年ぶりに更新する。

 国際棋戦で中国、韓国勢と互角に戦えるプロ棋士養成のため、同棋院が新設した「英才特別採用推薦棋士」に選ばれた。

 日本棋院によると、菫さんは大阪府出身で大阪市内の小学校に通っている。3歳で囲碁を始め、小学2年で少年少女の全国大会に出場するなど活躍した。採用試験では、日本のナショナルチームのコーチも務める張栩名人(38)と対局した。

 囲碁には日本棋院、関西棋院があり、日本棋院には約340人のプロが所属している。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング