産経フォト

ベトナム、サッカーの代表躍進に熱狂 ASEAN王者ではずみ

スポーツ

ベトナム、サッカーの代表躍進に熱狂 ASEAN王者ではずみ

更新 sty1812200006
 スズキ・カップでベトナムが優勝し歓喜するファン=15日(VNA=共同)  スズキ・カップでベトナムが優勝し歓喜するファン=15日(VNA=共同)

 ベトナムがサッカー男子代表の躍進に沸いている。韓国人監督の指導の下、好成績が続き、15日には東南アジア諸国連合(ASEAN)王者を決めるスズキ・カップで優勝。歓喜する市民が各地で街に繰り出した。

 躍進の立役者、朴恒緒監督(59)は2002年のワールドカップ(W杯)日韓大会の際、韓国を4強に導いたオランダ人のヒディンク監督の下でコーチを務めた。昨年10月にベトナム代表監督になり、U-23(23歳以下)のチームも指導する。

 最初の節目は今年1月に中国で行われたU-23アジア選手権。ウズベキスタンに敗れ準優勝だったが、東南アジア勢初の決勝進出となった。

 夏のジャカルタ・アジア大会は4強。スズキ・カップではマレーシアを下し10年ぶりにASEAN王者となった。(ハノイ共同)

 マレーシアとのスズキ・カップ決勝第2戦で選手に指示するベトナム代表の朴恒緒監督(左)=15日、ハノイ(VNA=共同)
画像を拡大する
 マレーシアとのスズキ・カップ決勝第2戦で選手に指示するベトナム代表の朴恒緒監督(左)=15日、ハノイ(VNA=共同)フルスクリーンで見る 閉じる
 ベトナムのスズキ・カップ優勝を祝う首都ハノイのファン=15日(共同)
画像を拡大する
 ベトナムのスズキ・カップ優勝を祝う首都ハノイのファン=15日(共同)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング