産経フォト

19歳の堀米雄斗が3戦全勝 スケボー世界最高峰ストリートリーグ

スポーツ

19歳の堀米雄斗が3戦全勝 スケボー世界最高峰ストリートリーグ

更新 sty1812170025
 スケートボードのプロ大会で演技を披露する堀米雄斗=16日、米カリフォルニア州ハンティントンビーチ(共同)  スケートボードのプロ大会で演技を披露する堀米雄斗=16日、米カリフォルニア州ハンティントンビーチ(共同)

 【ハンティントンビーチ(米カリフォルニア州)共同】2020年東京五輪の追加種目スケートボードでストリート男子のプロ世界最高峰ストリートリーグは16日、米カリフォルニア州ハンティントンビーチで今季最終戦が行われ、日本勢でただ一人参加の19歳、堀米雄斗(XFLAG)が優勝して3戦全勝とした。

 昨季覇者のスーパースター、ナイジャ・ヒューストン(米国)らが決め技に失敗するのを尻目に、ライバルやジャッジの度肝を抜く高難度技に成功。最後にどよめきを誘った「スイッチ・グレープフルーツ」は、堀米の非凡さが凝縮された大技だった。

 父・亮太さんの影響で6歳から滑り始め、1年ほど前からロサンゼルス近郊を拠点とする。「世界中の人が集まる。いろんなつながりが増えてここまで来られている」と刺激を受けながら飛躍につなげた。

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング