産経フォト

神戸製鋼が優勝、サントリーを圧倒 ラグビーTL15季ぶり、日本選手権は18大会ぶり

スポーツ

神戸製鋼が優勝、サントリーを圧倒 ラグビーTL15季ぶり、日本選手権は18大会ぶり

更新 sty1812150012
優勝を決めた神戸製鋼の選手らは、記念撮影で満面の笑みを見せた=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介) 優勝を決めた神戸製鋼の選手らは、記念撮影で満面の笑みを見せた=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
記念撮影で笑顔を見せるダン・カーター(中央)ら神戸製鋼フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)
画像を拡大する
記念撮影で笑顔を見せるダン・カーター(中央)ら神戸製鋼フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・蔵賢斗)フルスクリーンで見る 閉じる

 ラグビーのトップリーグ(TL)兼日本選手権決勝は15日、東京・秩父宮ラグビー場で行われ、神戸製鋼がサントリーを55-5の大差で破り、TLが開幕した2003~04年シーズン以来15季ぶりの優勝を飾った。日本選手権としてはサントリーとの同点優勝となった00年度以来18大会ぶり10度目の制覇となる。
 元ニュージーランド代表SOカーターが今季加入した神戸製鋼は鋭い出足でサントリーから何度もボールを奪い、前半終了間際にはフッカー有田がキックチャージからトライを決めるなど、前半で22-5と優位に立った。後半立ち上がりにCTBアシュリークーパー、FB山中の連続トライで突き放した後も得点を重ね、サントリーのTL3連覇を阻んだ。

優勝を決めた神戸製鋼の選手らは、記念撮影で満面の笑みを見せた=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)
画像を拡大する
優勝を決めた神戸製鋼の選手らは、記念撮影で満面の笑みを見せた=秩父宮ラグビー場(撮影・長尾みなみ)フルスクリーンで見る 閉じる
優勝を果たし喜びあう神戸製鋼フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)
画像を拡大する
優勝を果たし喜びあう神戸製鋼フィフティーン=秩父宮ラグビー場(撮影・山田俊介)フルスクリーンで見る 閉じる

スゴい!もっと見る

瞬間ランキングもっと見る

話題のランキング